自己成長と捉える?婚活で出くわす結婚できないかも、な場面

婚活中の人が一番つらいときってどんなときでしょうか?勇気を出していった合コンで思った人に出会えなかったととき?気になった相手が別の子と付き合ってしまったとき?何回も会っているうちに相容れない部分見えてきたとき?どれもつらい場面です。「もうずっと結婚できないかも」と落ち込んでしまいます。特に女性は男性以上に年齢的なものもあり、焦る気持ちも出てきます。でもやはり一番つらいのは、そんなとき自分に対する自信がゼロになってしまう瞬間なのではないかと思います。

婚活で出くわす辛い場面でふと思うのは、自分の理想が高すぎるのかとか、自分には魅力がないのかとか、人と長く付き合ったり深くかかわったりすることができない性格なのではないか、とかそんなことばかり。婚活がうまくいかないのは、自分になにか欠陥があるからなのかもしれない、とさえ考えるようになってしまいます。「彼氏が欲しい」というのとは違って、婚活は結婚相手を探し出すものです。

そのプレッシャーや将来への不安も相まって、「もう結婚は諦めてしまおうか・・・」となってしまうことも。でもそれは誰しもが同じ。辛い場面にでくわしても自分への自信は絶対に失わないように。自信が無くなりそうだったら、エステに行ったり本を読んでみたりして、自分を磨くこと。無理にでも笑顔で人に接すること。意地でも希望を捨てないこと。経験した辛い場面すら、自分の自信変えて昇華させること。その時に結果が出なくても、婚活で出会った人から影響を受けたり、友人関係に発展したりして新しい人脈が生まれることもあります。ポジティブに、反省はしても自分批判だけはしないことが大切だと感じます。