20代とは違う、恋を忘れてしまった30代の結婚できない私

20代は、それなりに恋愛してきました。でも、結婚という意識は全くなく、その場で何となくする恋愛という軽い感じでした。
そこまで、恋愛体質ではないので、別に長い期間恋人がいなくても、特に気になることはなかったのですけど、30代でいざ結婚を考えたときに、その前に恋愛をしなくてはいけない。

そんなとに、「どうやって恋愛するんだっけ」とか「どうやって人と出会うんだっけ」くらいの気持ちになってしまいました。
そんなこと思うぐらいですからましてや「結婚できない」の文字が浮かびました。

しかし、そんなこと本気で言うことはなかなか言えませんでした。よく自分磨きをしていれば、いつか恋愛をするときに役に立つということを聞きますけど、実際そんなのは理想論だと思います。自分磨きをしている人って、いざって言うよりも、そこまで意識をしているので、いつでも誰か素敵な人が寄ってくるのが現実なんです。

慌てて、自分磨きという感じにはならなかったです。そこで、私の恋活は、同性の友人に頼ると言うよりもは、異性の友人に頼ることにしました。どんなに仲が良くても、同性の友人から見る私と、異性の私から見る私では少し変わるのかなと思い、冷静に見てもらえる信頼している異性の友人に紹介してもらうことにしました。まずは、簡単に食事からです。

そこで、ダメなら先がないということを覚えました。若い頃なら、ダメかなくらいの感じだと、まだ続けていたのですけど、30代になると、時間が限られているので、次に進むことが大前提になります。異性の友人に紹介してもらう人は、私自身に合っているのもありましたし、男性から見ても、素敵な人なので、精神年齢も実年齢相当な人が紹介されることが多いです。ある程度の年齢になると、異性の友人と仲良くしている男性って言うのがなかなかいないので、本当に紹介してもらいたい人は、異性の友人を頼るのがおススメです。