カテゴリー別アーカイブ: 婚活の道しるべ

タイミングを逃すな、結婚できないゾーンから抜け出す事

結婚のチャンスとしては最後だろうなというタイミング、28歳の時に付き合っていた人とも特に結婚をしたいとまでは思わずその内別れてしまいました。それから彼氏は長くいません。30代にさしかかる頃って男でも女でも仕事においての責任が増しやりがいも感じられる頃で、若くで結婚した同僚を見ていると、女の私でも家で誰かが家事をやってサポートしてくれたらいいのになと思ったくらいでした。気づいたら適齢期も出産適齢期も過ぎていて、そんな自分と新規で付き合って結婚まで考えてくれる人と出会えるのかと思うと絶望的な気持ちになります。

結婚は幸せへのゴールではないという考えに気持ちを切り替えてからはとても楽になりました。結婚すれば日本ではやはり相手の籍に入り、どれだけ自分が社会に出て仕事をしていたとしても、相手をサポートしなくてはなりません。その労力と気配りを全部自分のために使おうと習い事や自己研鑽、住まいの環境を整えるなど何が自分にとって心地がいいのかを追及するようになりました。未だに結婚したいほどの相手に出会えることを夢見ることもありますが、結婚が全ての解決ではなく、幸せを感じるのも作るのも自分自身だという事に気づくことで「ただ単に結婚相手にめぐり合ってないだけ」と状況を端的にとらえ、無駄に幸せじゃないと考えることも無くなりました。

結婚はタイミングです。タイミングを逃してしまうと結婚できないスパイラルに入ってしまう事もありますよ。

人によっては慎重になりすぎる、という事もあるようです。特にネットを介して知り合った場合、相手の素性がわかりません。何処出身なのかどんな思想を持っているのか、宗教的な部分の怖さなど慎重になるべきポイントは幾つもあります。場合によっては相手の身柄を調査するような方もいるでしょう(参考:結婚調査を興信所で。)しかし自分にとって何が重要なのか、何が優先なのか考えないと結婚できない状況は引き続き続いてしまいます。

結婚にはタイムリミットがあると思いますし、出産や子供を考えている場合もタイムリミットがあります。それらを優先したい方は相手の身柄なんて調査している場合ではない事もおわかりでしょう。

結婚できないと思っていたら幸せな結婚が結婚相談所で実現しました

若い時は気にしなかったけど歳を重ねて行くにつれて周りがどんどん結婚していってあっという間に子供が産まれていて。

金曜日や土曜日には一緒に飲んでいた独身貴族が一人。また一人と減っていって昔のように気軽に集まれなくなっていくのを感じ度に「結婚」を意識し始める。仕事も充実していてやりがいもあって今の自分に満足していないわけじゃないけどこのままだと「結婚できないんじゃないか」と焦りを募らせる。

だけど相手はどこで見つけるのだろう。昔ながらの友人や同じ会社。
でも結婚したいと思う男性はもう結婚しているのがほとんど。
そんな中見つけたのが結婚相談所。
本気で婚活をする人にはお勧めである。
もちろん無料ではないが、出会いの場所は設けられている。

ある程度のお金を払って入会するということは相手の男性も同じことで収入の低い人は登録もできないだろう。
何より個人登録がされているので安心だ。

出会い系サイトのように相手の名前も顔もわからない不安はないしパーティーなどでは直接顔をみて話すこともできる。
パーティー会場で立食パーティー型もあれば相談所の人が自分の望む条件の人を探してくれてアポイントを取りお食事に出かけることもあったり今じゃ親が子供の為に婚活して相手を探してくるなんてこともある。

でも自分の結婚相手は自分で見つけたいなと思い私は自ら会場に運んだり、相談所の女性に相談したりと出来ることをしてきました。
中には複数の女性と上手く付き合う様な人もいるみたいなので気を付けたいものだ。
仕事をしているのもあって大体、土日を活用していました。

そこで出会った同じ歳くらいの男性と話が盛り上がり現在ではお付き合いからの結婚を経て幸せに暮らしております。

結婚できない、なんて思っていたのが嘘のようです。
今は結婚相談所もたくさんあって情報が模索しておりどこがいいのかわかりにくいですがたくさん足を運んで相談所の方と相性がいいほうが楽しみながら相談できるので安心です。

婚活も多様化してますね、心斎橋の婚活バーに行ってきました

心斎橋にある婚活バーに行ってきました。女3人でいったのですが、フロアに男性が一人づつ座っていて、店員さんがその男性のところに案内してくれるというシステムでした。

そこで特に決まりは無く10分くらい会話をして、気に入ったら連絡先を交換します。どの男性がいいなど選べるお店ではなく、店に滞在している限り順繰りに男性と話をするといったシステムでした。

男性と話していない時間は、一緒に言った友達とゆっくり話をして、お酒を飲んでまったりできます。男性と話し終わったら、また、もとの席に戻って友達と居れるので、どうだった?と、はなしができてその時間も楽しめます。最初に話したのは、年齢が20歳はなれた男性でした。彼女がほしいとのことでした。趣味の話や、どこに住んでいるのかをはなして、趣味がお互い車が好きだということで意気投合しました。今度、遊びに行こうと誘われました。

そのときは、気分が乗っていて連絡先を交換しましたが、帰宅後、連絡が来るとめんどくさくなってしまい、結局遊びにいくことはありませんでした。何人かの方と話した後、気が会う男性がいたので連絡先を交換し、その後、会ったのですが、その方とも、うまくいかずに自然消滅してしまいました。そのとき一緒にいった友達は、付き合うまで発展したみたいですが結婚するという話はしていませんでした。飲み放題であそべる店だったので長い時間いることができました。

ほかの女性のお客さんとは、なぜか話しにくい雰囲気でした。
婚活バーは、私が行ったお店は、結婚したい人が来るというよりは、その前段階の異性と話したい、付き合いたいと思っている程度の方が多いのではないだろうかと思いました。

結婚できないを理由にして婚活バーというのはちょっとズレてる気がします。

結婚できない焦りは母の紹介で7歳年上の人と結婚できました

20代半ばに彼氏と別れてからしばらく独り身だったわたし。失恋の痛手からしばらく彼氏はいいや~と、家のペットをかまってたり、アイドルのおっかけにハマり、気づいたら30代に突入していました。

まわりの友人もだいたい結婚してきて、このままじゃ結婚できないかも?と少しずつ焦っていた時に、母親がお見合いのような話を持ちかけてきました。

お見合いといっても形式張ったものではなく、母の習い物の先生の知り合いの男性を紹介してくれるというもの。最初はお見合いっぽくて気が進みませんでしたが、男性を紹介してくれるのが友人ではなく親だったというだけだと考えなおし、合わなかったら合わなかっただと軽い気持ちでその男性と二人で合うことにしました。
実は同じ町内に住んでいたというその男性は7つ上と歳が離れていましたが、話が合わないわけでもなく、なんとなく馬が合う感じで、それからお互いに連絡を取り合い会っていきました。

相手は歳が歳なだけに結婚を視野に入れていて、その姿勢も好感触でした。わたしとしても、この歳で長く付き合ったうえで結婚しないなんていうのはカンベンしてほしかったので、お互いに結婚を意識しながら遊びに行ったりするのはとても気が楽でした。

更にタイミングが味方したとでもいうのか、付き合いを始めてからしばらく経った頃にわたしは体調を崩し、数日間入院。その間お見舞いに来てくれた男性の優しさに触れ、また自分の体調やこの先のことを考えていくと、誰かと一緒に生きていけたらと思い、結婚を決意。それから数日で婚約をしました。

半年も付き合わないうちに結婚を決めましたが、後悔もなく、いまは二人で楽しい結婚生活を送っています。思い返せば、それほど気負わず手段の選り好みもせず気楽に縁を結びに行ったことが良かったのかなと思います。親も娘の性格をわかってるので、合う合わないを外すことも多くはないのだろうなと思いました。
自分で経験してみて、婚活している友人には、とりあえず親のお見合いは受けとけと言っています。

30代女性の結婚できないを解消する婚活の場4つ

結婚できないと思って焦っている30代女性が婚活で成功する秘訣、知りたいと思いませんか?すぐにできることもたくさんあります。

○大手の結婚相談所も
結婚相談所というと、どちらかというとハードルが高いと思っている女性が多いですが、登録してみるとごく普通の方がパートナーを探しにきているという雰囲気なんですよ。
最近では、お見合いだけでなく、バーベキューや、スポーツ、バスツアーとイベントも増えています。
登録して、いろいろな男性とお話しするうちに、身近な男性と結婚したというケースもあります。
あまり深く考えないで、登録だけでもしてみたらどうでしょうか。

○女性の友達は大事
恋愛結婚は、職場や学生時代に知り合った方が多いですが、友達の紹介というケースが多いです。
女性友達を多く作っておくのも、結婚に近道なんですよ。
まだまだ、おせっかいな人はいます。
ある女性は、駅前でショッピングしているときに、学生時代の友人と合いました。
そこから、なんとなくテニスをしようという話になり集まった中に、今のだんなさんがいたということです。

○ネットの趣味の集まりも婚活
ある女性アーティストの、ファンの集まりに友人が参加しました。
なんと、その集まりでかなり多くのカップルが生まれたという話を聞きました。
アイドルではなく、大人の歌唱力があるシンガーです。
男女のファンの数が、半分ずつくらいで独身者も多かったようですね。
いろいろな趣味の集まりが、婚活になる場合もあるようです。
家に引きこもっていては、チャンスは来ません。

○仕事は大事です。
婚活を積極的にやろうと思うと、ある程度のお金は必要です。
できれば、仕事は続けていたほうが無理がなく婚活の費用が出せます。
現在、求職中の方はまずは仕事を見つけてから、婚活をしましょうね。

結婚できないなんてことはありませんよ。

20代とは違う、恋を忘れてしまった30代の結婚できない私

20代は、それなりに恋愛してきました。でも、結婚という意識は全くなく、その場で何となくする恋愛という軽い感じでした。
そこまで、恋愛体質ではないので、別に長い期間恋人がいなくても、特に気になることはなかったのですけど、30代でいざ結婚を考えたときに、その前に恋愛をしなくてはいけない。

そんなとに、「どうやって恋愛するんだっけ」とか「どうやって人と出会うんだっけ」くらいの気持ちになってしまいました。
そんなこと思うぐらいですからましてや「結婚できない」の文字が浮かびました。

しかし、そんなこと本気で言うことはなかなか言えませんでした。よく自分磨きをしていれば、いつか恋愛をするときに役に立つということを聞きますけど、実際そんなのは理想論だと思います。自分磨きをしている人って、いざって言うよりも、そこまで意識をしているので、いつでも誰か素敵な人が寄ってくるのが現実なんです。

慌てて、自分磨きという感じにはならなかったです。そこで、私の恋活は、同性の友人に頼ると言うよりもは、異性の友人に頼ることにしました。どんなに仲が良くても、同性の友人から見る私と、異性の私から見る私では少し変わるのかなと思い、冷静に見てもらえる信頼している異性の友人に紹介してもらうことにしました。まずは、簡単に食事からです。

そこで、ダメなら先がないということを覚えました。若い頃なら、ダメかなくらいの感じだと、まだ続けていたのですけど、30代になると、時間が限られているので、次に進むことが大前提になります。異性の友人に紹介してもらう人は、私自身に合っているのもありましたし、男性から見ても、素敵な人なので、精神年齢も実年齢相当な人が紹介されることが多いです。ある程度の年齢になると、異性の友人と仲良くしている男性って言うのがなかなかいないので、本当に紹介してもらいたい人は、異性の友人を頼るのがおススメです。

自己成長と捉える?婚活で出くわす結婚できないかも、な場面

婚活中の人が一番つらいときってどんなときでしょうか?勇気を出していった合コンで思った人に出会えなかったととき?気になった相手が別の子と付き合ってしまったとき?何回も会っているうちに相容れない部分見えてきたとき?どれもつらい場面です。「もうずっと結婚できないかも」と落ち込んでしまいます。特に女性は男性以上に年齢的なものもあり、焦る気持ちも出てきます。でもやはり一番つらいのは、そんなとき自分に対する自信がゼロになってしまう瞬間なのではないかと思います。

婚活で出くわす辛い場面でふと思うのは、自分の理想が高すぎるのかとか、自分には魅力がないのかとか、人と長く付き合ったり深くかかわったりすることができない性格なのではないか、とかそんなことばかり。婚活がうまくいかないのは、自分になにか欠陥があるからなのかもしれない、とさえ考えるようになってしまいます。「彼氏が欲しい」というのとは違って、婚活は結婚相手を探し出すものです。

そのプレッシャーや将来への不安も相まって、「もう結婚は諦めてしまおうか・・・」となってしまうことも。でもそれは誰しもが同じ。辛い場面にでくわしても自分への自信は絶対に失わないように。自信が無くなりそうだったら、エステに行ったり本を読んでみたりして、自分を磨くこと。無理にでも笑顔で人に接すること。意地でも希望を捨てないこと。経験した辛い場面すら、自分の自信変えて昇華させること。その時に結果が出なくても、婚活で出会った人から影響を受けたり、友人関係に発展したりして新しい人脈が生まれることもあります。ポジティブに、反省はしても自分批判だけはしないことが大切だと感じます。

30代半ばの結婚できない感は相談所で解決しました

30代までは、仕事や自分の趣味などを満喫していて、結婚ということを考える余裕はありませんでした。
いつかできるだろうと、高を括っていたところがあったと思います。理想さえ高くなければ、結婚なんてすぐに出来ると思っていました。
しかし、いざ自分が30代になって、結婚を考えてみると、なかなか結婚できないという現実にぶち当たりました。
30代になったところで、すぐに結婚という考えに至るというよりも、だんだんと結婚を考えるという感じなので、本気で考えたのは30代でも半ばにさしかかったところです。

しかし、恋人もいない場合では、結婚というのは夢のような話になっていました。恋人から探さなければいけないという現実。
自分は理想は高くないつもりでいても、実際に自由気ままに20代を過ごしてきたので、自然と、無意識に理想が高くなっていて、また自分の好きなようにいきてきたので、そこを曲げるにはなかなか大変でした。20代の頃は、自分から言わなくても、周囲の友人などが紹介してくれたりしていましたけど、それもなかなかできなくなりました。

そこで、頼ったのは、大手の結婚相談所です。安心して出来るし、自分を客観的に見てもらえるのと、色々なメリットがあると思ったことと、またデメリットがなかなか見つからなかったことで、私がすぐに頼ったのは結婚相談所です。ネットから登録も可能だったので、いつでも出来るのが良かったです。

登録料はかかりますけど、実際に自分に合った相手をみつけてくださるので、それなりの相手を探してくれるので、会ったときに、違和感がある方というのはいなかったです。

すぐに結婚相手を見つけることが出来ませんけど、今の自分に合う相手を見つけてくれたり、知り合いではないので、お断りする際もそこまで気にすることがないのがメリットです。

なので、本当に結婚したい人には、結婚相談所はすごくおススメです。

バツイチになって自分の趣味とセットで彼女を探すことを目指しています

わたしは38歳のバツイチの男性です。今から結婚をもう一度という願望はあまりありませんが異性の友達もほしいと思いますし、彼女もできればいたほうがプライベートは楽しいかなと考えています。そんなわたしのいわゆる恋活ですがなかなか年齢的にも、職場的にも女性との出会いが少ないこともあり、かつ、なかなか警戒心も強くなっている年代ということもあって、最初はどうしようかと思っていました。かといって、結婚相談所に登録したり、婚活パーティに行って結婚相手を探すつもりもなかったので。そこで活用しているのが自分自身の趣味を通じた異性の友達、そして彼女探しです。

そしてそのテーマはわたしの一番の趣味でもあるゴルフです。ゴルフ好きの方なら最近インターネットで一人でも予約できるシステムがあることをご存知かと思います。こうしたサービスを使うのもいいのですが私が最近愛用してるのはゴル婚というサービスです。ようするにゴルフとパーティをセットにして異性の知り合いを作りましょうというサービスなのです。そもそもゴルフというスポーツはいっしょに1ラウンドしただけである程度相手の性格もわかりますし、自分との相性もなんとなくわかってしまうものです。その後にパーティもあるのでさらに脈がありそうな方や友達になりたい方とは積極的に会話すればいいことです。

もちろん、こうしたゴル婚に参加することでかなり人脈も広がりますし、ゴルフ仲間も増えていきます。必然的に女性との出会いも増えていくわけです。あくまで結婚前提ではないので気軽に参加できるところにこの恋活泳差があると思います。私の場合はゴルフですが自分の趣味をトリガーにした恋活は非常に良いと思います。

趣味が合わなければ結婚できないままでもいいや、という楽観的な観測があります。

28歳、婚活2年目だけど結婚できないなんて思ってもいません

私は婚活を開始して2年が過ぎましたが、今も続けています。それは悲観的なことではなく、本当に好きな人好きになってくれる人、将来を見据えたパートナーを探すため妥協なく諦めることなく自分に嘘をつくことなく生きていくために続けています。でも「結婚できない」なんて思ったことはありません。

そんな私の婚活ですが基本的におこなっているのが婚活パーティーへの参加でした。最初の頃は結婚相談所の登録も視野に入れていてパンフレットとかとりあえず見てみて検討しようと思ったのですが、見てみると料金の高さに驚きました。それなりのサービス内容ではありましたが安月給の28歳のOLにとってはポンと出せる金額ではなく、まずは婚活パーティーが料金も女性は安めで参加しやすいと思ってこれからスタートしました。

参加してみると最初は20人くらいの男性と1人ずつ話していくというスタイルにちょっと苦労しましたが、でも一回の出会いのチャンスの場でこんなに多くの人と会話して選べれるというのは非常に効率的だと感じました。まずはお友達からだけれどお互い真剣さのあるパーティーなので合コンより真剣味があって私には合っている婚活だと感じ婚活パーティー中心に参加しました。
それから何人かいいなと思える人がいてカップリングになりお付き合いもありましたがやっぱり付き合ってみないとわからない部分があり、そのまま結婚まで行く人にはまだ出会っていませんが、私はチャンスは大きいと感じて今でも参加していい人を探しながら、自分に足りないもの、相手に求めるものをその都度整理して凝り固まった考え方や条件を考え直すようにして出会いの幅を広げるようにしています。

そうすることで相手のいい部分を見つけれるようになりました。
パーティーは1回ダメだからといって諦めたら持ったないないし出会いは本当に運だと思うのでまずは数多く参加してそこからスタートするようにしたらいいと感じました。